月別アーカイブ: 2016年11月

これからの日本人の考えなくはならない車の所有

車は金がかかる。今の日本社会は年収が平均が400万円台となっている。

これはあくまで平均であって200万円台の若い人はたくさんいる。

給料がガンガン上がる時代ならまだしも今の時代に車はそもそも所有することもよく考える必要があるのではないかと本気で思う。

2009年のエコカー減税政策によってエコカーの新車を買ってカーローンに苦しんでいる若い人を見ると、どうしても自分は趣味として車が欲しいんだと思えるほど車好きでないかぎり車は買わなくいいと思う。

独身の若い人も簡単に新車をカーローンで買ってしまうが、支払いを5年もかけてしかもボーナス払いで10万円くらい払ったりするカーローンがどれだけ苦しいかわかっていない。

エコカー減税が大流行したころに新車を買って生活に困り街角法律相談所などを利用して任意整理をする若者が激増している。

今の時代に任意整理などしてしまったらそれこそ一生ものの借金になりかねない。

それでも、そんな無理してでも新車を買ってくれる若者がいなくなれば日本の自動車産業は衰退して外国メーカーに負けてしまう。

そう考えると、カーローンで新車を買ってくれる若者に新車を買うなと大きな声で言えなくなってしまう。

やはり、健全な日本人の趣味として車を楽しむ生活を実現するには日本経済が復活して景気がよくならないといけないという結論になる。

だから日本政府には大胆な景気対策を期待したい。

日本人のコスメはもはや趣味の領域に達している

若い女性の欲しいものの1つにコスメがある。美しい女性でありたいという欲求はいつの時代の女性でも旺盛にあるものだ。

昔と違い戦争や絶望的な貧困がなくなった日本社会の女性には化粧品は1つの趣味になっている。

現在、販売されている日本の化粧品は、質、量とも世界最高なのは間違いないと思う。

それに、もう1つ超重要なのが、日本の場合、安全というすごく大切なものまで世界一だ。

だから、日本女性は、各化粧品のセールスポイントを精査しながら楽しんで化粧品を買っている。

彼女たちの消費行動を見ているともはや日本の化粧品は、美しくなるためのものではなく、1つのコレクションとして楽しみの1つとなっているようだ。

プラモデルや切手をコレクションするように女性たちは化粧品を見ているところがある。

それに最近の化粧品で面白いのが、乳首やわきの下などのデリケートゾーンに特化した化粧品まで登場したということだ。

ホスピピュアがそんな化粧品の代表だ。

日本の化粧品はこれから、完全な日本女性の趣味の1つとして10年、20年と日本女性のストレス解消グッズとして人気商品の地位をかためると思う。